REPORT

マイクバレリーのデモが予想通り素晴らしかった。

Exif_JPEG_PICTUREStreet Plant Japan Tourで来日中のマイク・バレリーがデモを行うということで、横浜日産スタジアムのスケボー広場は老若男女、マイクを一目観ようというファンで溢れかえっておりました。特にチームや団体でデモを行うでもなしに、ただマイク・バレリー1人でここまでスケーターが集まるってのが凄い。

1時間以上にも及ぶ、ファンとのサイン&記念撮影を経て、ようやくパーク内で滑り出したマイク。だだっ広い新横パーク内で真っ先に向かったのは、バンクでもクォーターでも無くウォールというところが流石。ウォールライドとハンドプラントのコンビネーションでここまでファンを魅了させるマイク・バレリー、やっぱり生粋のプロスケーターだと痛感したのであります。

Exif_JPEG_PICTURE

 

Boneless #mikevallely

SLAPPY BLASTさん(@slappyblast_dude)が投稿した動画 –

あらゆるセクションが充実した広〜いパーク内のほんの一画のみで完結したデモでありましたが、その内容がマイク・バレリーそしてStreet Plantという名に相応しい内容であったと、思います。

そーいえば、こんな陸橋の下のちっぽけなスペースでひたすらウォールウォークやホーホープラントをする映像を観たことがあるような…。

一瞬、ここ新横浜のスケボー広場がNJやNYのストリートスポットだと錯覚してしまったのは恐らく私だけだったと思います。Exif_JPEG_PICTURE

 

そんなマイク・バレリーが手掛けるStreet PlantのTシャツ・パーカなど、既に絶版のモデルも若干数ではございますが販売しております。

ラインナップはこちらから。Thanks Mike.

 

PHOTO OF THE DAY

Exif_JPEG_PICTURE

EARTHLESS japan tour で来日したMARIO RUBALCABAとOLLIE magazine ’89年 11月号。ASCOTOでウォールライドするマリオ表紙号。

EARTHLESSのライブは思ってた以上にパワフルで最高だった。これはライブ終了後に撮った写真だが、このOLLIE magazineの表紙を撮ったデビル西岡氏のことも話していた。やっぱりマリオは最高にイカしたスケーターだ!

先日のGRIND FEST 2014は最高だった


Exif_JPEG_PICTURE

 

しかし先日のグラインドフェスは最高だった。

何が最高だって? そりゃ、スケートパークでのGIGだったってことですよ。

生音聞きながらスケートするって最高に気持ちがいいものです。しかも音がグラインドコアときたもんだからテンションもぶち上がる訳です。モッシュ感覚でミニランプ! ブラストビートを聴きながら揺られるのが非常に気持ちよく、ラストのBUTCHER ABCの写真しか撮っていないという失態。。。
スケートボードとグラインドコア、近年では稀すぎてかえって新鮮な組み合わせ。スケートパークにバンドTシャツとGベスト着てる人がこんなにも沢山いる光景が新鮮だし、滑りに来ているスケーターもこの日ばかりはそれっぽい人たちがチラホラ。80年代の宝島別冊とかにSOBやROSE ROSEが載ってた時代に遡ったかのような感覚だけど、どことなくフレッシュなところも。でもステージからボンレスとかする人がいるのは80′sな感じで最高にラジカルだったw。

今後こういうイベントが多発してアンダーグラウンドな音楽シーンとスケートボードの結びつきが一層強くなっていくと、面白いことになりそうですよね。クロスオーバーってことですよ!

グラインドフェス、次回も遊びに行きます。

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

ingrindwegrind

 

THE SHRINEツアーファイナル @ FELEM TOWN

shrine
8/27の東京・新大久保EARTH DOMを皮切りに金沢・新潟・群馬と連日移動しながらライブを行ったザ・シュライン。今回の日本ツアーのファイナルステージは、このツアーをオーガナイズしてきた茨城FELEM SKATESの本拠地FELEM TOWN。ライブハウスでのショーも最高だけど、