マイク バレリーへの質問10

Pocket

murder

 

昨年9月よりStreet PlantをONLINE SHOPで販売させてもらってますが、 今年に入ってからマイク・バレリー氏本人との直接のやり取りが続いたのでいろいろなことを聞くことができました。 なにせMIKE Vといえば私がスケートにどっぷりとハマったときには、既にプロとして活躍していたのに未だ現役を貫いている。44歳という年齢にも関わらずストリートスケートをデモンストレーションできるプロスケーターは彼しかいないと思います。 そんなMIKE Vが先日タンパにて行われたプロコンテストに登場し、ワンマンデモを行ったのは記憶に新しいところ。その翌日に自身のSNSを通し、コンテストからは退く意向を発表しちょっと話題になりました。 この質問はちょうどタンパからロングビーチに戻って間もなく回答をもらったものになります。

 

Tampa Pro 2015

Q.1

30年近くプロスケーターとして活躍しているあなたの存在は、1人のプロスケーターがとても長い期間、現役でいれることを証明したと思います。しかしそれは常人には想像できない強靭な体力と精神力を養ってきたからに違いないと思います。長きに渡り第一線で活躍し続けるためにトレーニングしてきたことがあれば教えてください。フィジカル面とメンタル面でそれぞれあれば是非。

MIKE V:スケートボードのために何かを鍛えたりしたことは本当に一度もないんだ。ただスケートしているだけさ。そして常にアクティブに動くように心がけている。あとは規則正しい食事と適度な運動をする。俺にとってスケートすることが若くいられる根源なんだと思ってるよ。

 

Q.2

Street PlantからリリースされたBarnyardのリイシューボードは凄い人気ですね。あなた直筆サインとシリアルナンバー入りなので、乗らずにディスプレイする人が多そうです。でも乗るなら他のパーツもオリジナルにこだわりたいです。参考にしたいので89年当時のセットアップを教えて貰えませんか?

MIKE V:オリジナルのセットアップはさすがに覚えてないよ。オレはギアにこだわらない性分なんでね。その時々で使うべきものを組み合わせて乗っていたよ。

pink集合

MIKEV_freaks_sm

SPEED FREAKS ’89

Q.3

では、今現在のセットアップは?

MIKE V:今は57mmのウィールと149のトラックを組んでいるけど、もうちょっとワイドなトラックでも良かったな、159とか。足回りを損なわないように薄めのライザーパッドも入れてるよ。ベアリングはいつもBones Swissだね。今はレールは着けてないよ。

 

Q.4

バーンヤードのグラフィックは、ヴィーガンや動物愛護がテーマになっているけど、あなたは今でもヴィーガン、あるいはベジタリアンですか?donteat

MIKE V:今はもうどちらでもないよ。このグラフィックからは、当時の俺がより深く、特別な何かを模索していた様子がうかがえるね。かつての俺は何かを制限することで新たな何かを見いだそうとしていた。しかし菜食という制限はオレには向いていないと分かった。でもこのグラフィックと掲げているメッセージは今でも気に入ってるんだけどね。

 

Q.5

これだけの長いキャリアの中で、多くのビデオやコンテスト/デモの記録を残していますが、自分が最も気に入っている、又は思い入れの強いフッテージやコンテストがあれば教えてください。

MIKE V:特にお気に入りはもたず、常に今を楽しむようにしているんだ。今この瞬間、自分のスケートがベストであるよう心がけてきたよ。

MIKEV_heap_sm

 Rubbish Heap ’89

 

Q.6

もし無人島に1トリックしか持っていくことができないとしたらどんなトリックを選びますか?

MIKE V:トリックは持って行かないよ。俺はお気に入りのトリックを持っていないんだ。俺にとってスケートボードとは、その瞬間を表現する手段であって、トリックをメイクすることではないんだ。

MIKEV_scenic

Scenic Drive ’95

Q.7

現在のスケートボードのシェイプのルーツといわれるバーンヤードがリリースされた89年以降、ボードのシェイプは進化を遂げ、スケーターの表現方法も今なお進化し続けていますね。あなたはその過程をプロスケートボーダーという目線で見続けてきましたが、その間であなたが最も印象的だったエピソードを教えてください。Exif_JPEG_PICTURE

NATAS, MIKE, GONZ ’87

MIKE V:1989年以降に起こったことなんて沢山ありすぎるよ。とにかく、その発展に貢献できたこと、そして今でもシーンにいられることをとても嬉しく思っているんだ。そして80年代中期にストリートスケーティングが誕生したこと。それこそが、俺にとって最も革命的な瞬間だった。全てはその時の発想の精神から派生していったんだ。TH8608

Cover of THRASHER MAGAZINE August ’86

Q.8

STREET PLANTの今後の展開について教えてください?

MIKE V:楽しみながらやっていくだけさ。

 

Q.9

今年中に来日はありそうですか?

MIKE V:まだ分からないが、またいける事を強く望んでいるよ。

Q.10

最後に日本のファンに一言

MIKE V:

SKATE AND ENJOY. THANK YOU!

 

1281 ’91

THANKS MIKE V.

Q.1

You’ve been a top pro-skateboarder for over 30 years. Can you share with us some of your training methods for both mental and physical strength?

MIKE V : I have never really trained for skateboarding. I just skate. I try to to stay actively engaged in life. I try to eat well and exercise regularly. Skateboarding itself though is it’s own fountain of youth.

Q.2

What was your set-up for the original Barnyard board back in ’89? And what’s your current board set-up?

MIKE V : I don’t remember my original set-up. I am not a gear-centric person. I usually just throw on what I have to work with and go.

Q.3

And what’s your current board set-up?

MIKE V :  Right now I am riding 57mm wheels, 149 trucks (I think I could use a bigger truck — probably a 159) but I’m sticking with the 149. I have a small riser pad on there to give the wheels some clearance. I always use Bones Swiss bearings. No rails for me.

Q.4

I know that the graphics of the Barnyard board is based on veganism and animal rights, but are you still vegan or vegetarian?

MIKE V : I am not. The graphic represents a time in my life when I was intensely seeking something deeper and more meaningful. I tried to find that through my diet. However, a vegetarian diet does not actually agree with my health. I have many food allergies and unfortunately a vegetarian diet is actually unhealthy for me personally. I still like the graphic and what it represents though.

Q.5

You have starred in many video parts, but which one has been your personal favorite?

MIKE V : I don’t have any favorites really. I enjoy skating right now, this moment.

Q.6

If only one trick may be taken to a desert island, what would you take?

MIKE V : I wouldn’t take one trick. I don’t have a favorite. The spirit of skateboarding for me is expression, the moment, not some trick.

 

Q.7

The Barnyard deck came out in 1989, and changed the face of skateboarding, which has since kept evolving at an explosive speed. What comes to mind when you look back and reflect on what has happened to skateboarding over these years?

MIKE V : So much has happened since 1989. I have been glad to be around for it and to still participate in some of it. The birth of street skating in the mid-80’s for me was the real revolutionary moment. Everything since then has been derivative or in the spirit of that idea.

 

Q.8

Please tell us about the direction your taking the Street Plant brand?

MIKE V : Fun and creativity.

 

Q.9

Any Plans to come to Japan?

MIKE V : I would love to, and hope to visit again sometime soon, but nothing is planned yet.

 

Q.10

A word to your fans in Japan please.

MIKE V : SKATE AND ENJOY.

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です